診療内容/皮膚科(皮ふ科)

・ボタンクリックで診療内容の詳細にリンクします。
湿疹・皮膚炎(アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、虫さされなど)やニキビ、皮膚感染症(帯状疱疹、口唇ヘルペス、白癬(水虫)など)、タコ・ウオノメ、凍瘡(しもやけ)、日光皮膚炎(日焼け)、軽症の熱傷(やけど)など
<水曜日>
上記に加え、小児皮膚科、皮膚外科も対応いたします。
乳児の脂漏性湿疹、汗疹、おむつかぶれ、水イボ、伝染性膿痂疹(とびひ)、粉瘤、イボ、脂肪腫、ほくろの除去、巻き爪の処置など
※上記疾患で、状態・程度によっては当院で対応できない場合もあります。その際は病院をご紹介させて頂きます。
Medical details
皮膚科診療詳細
湿疹・かぶれ・皮膚炎

乾燥や刺激物質などをきっかけに皮膚のバリア機能が低下し、皮膚の炎症(赤みや痒み)を引き起こした状態です。
当院ではかぶれの原因の除去や生活指導、保湿剤、ステロイド軟膏の治療を行います。
※当院ではパッチテストを行っておりません。

アトピー性皮膚炎

増悪・寛解を繰り返す掻痒のある湿疹を主病変とする疾患で、多くはアトピー素因(喘息、鼻炎、結膜炎)を持つとされています。当院では保湿剤やステロイド軟膏、タクロリムス軟膏などを主軸に生活指導も含めて良い状態の維持を目指します。

ニキビ

ニキビ(尋常性ざそう)は毛穴に皮脂が詰まり面皰(白ニキビ・黒ニキビ)ができることが始まりで、そこにアクネ菌が増殖すると赤ニキビ、膿疱ができます。 ニキビの原因である毛穴のつまりを改善することが根本的治療につながるといわれています。
当院では毛穴のつまりをとるタイプの外用薬、抗菌外用薬だけでなく、症状に応じて内服薬や、自費治療であるケミカルピーリングを併用することによりさらなるお肌の改善をお手伝いします。

ヘルペス・帯状疱疹など

口唇ヘルペス・陰部ヘルペスとは単純ヘルペスウイルスが感染、再発を繰り返す皮膚の感染症です。初感染では高熱と強い痛みが伴います。なお、寝不足、日焼け、疲労等で免疫力が下がるとたびたび再発します。抗ウイルス薬の外用や内服を行います。

帯状疱疹は体の左右のどちらかに神経に沿って帯状に水疱、丘疹、紅斑を形成し、その場所に強い痛みが起こる疾患です。皮疹がない状態で数日痛みが先行することがあります。
幼少期に水疱瘡(みずぼうそう)に罹ったことのある方は、水痘・帯状疱疹ウィルス(水疱瘡ウイルス)が神経節(神経の根元)に閉じ込められており、疲れやストレスがきっかけで、ウイルスが再活性化することにより発症します。
抗ウイルス薬や痛み止めの内服を行い、適切に治療を行えば、1~2週間で水疱は 乾き、皮膚症状は治癒します。皮膚症状が治ってもピリピリするような痛みが続くことがあり、これを帯状疱疹後神経痛といいます。その場合は抗ウイルス薬の内服後もしばらく内服治療が続くことがあります。
やけど

やけど(熱傷)とは、高温による皮膚組織の障害のことです。
やけどの原因は日常生活では熱湯や油、ストーブの火などが多いですが、電気あんかなどとの長期接触による低温熱傷も含まれます。また海水浴などで日焼けすることもやけどと同じ状態です。
やけどは深度によって大きく三段階に分けられ、それぞれ症状と経過が異なります。
いずれも早期に治療を開始することが大切です。

水虫・いんきん・たむし

顕微鏡で白癬菌の確認し、治療を開始します。
足白癬や体の白癬は抗真菌薬の外用を行います。爪白癬は飲み薬が第一選択ですが、年齢や肝臓などの状態によって内服が可能か判断します。定期的に血液検査を行いながら内服を続けます。白癬の治療は数ヶ月を要しますので根気よく続けることが大切です。

タコ・ウオノメ

ウオノメは、通常大人の足にできる径5mm程の硬い皮膚病変で、歩行時に激しい痛みを伴うのが特徴です。
一定部位に繰り返し刺激が加わり、角質が厚く芯のようになり、芯が神経を圧迫して痛みを生じます。
タコも同様に、皮膚の一部が慢性の刺激を受けて厚くなりますが、ウオノメと異なり、刺激を受けた部位全体の皮膚が少し黄色味を帯びて盛り上がります。
タコは足底以外にも、生活習慣により、身体の様々な部位に生じます(座りダコ、子供の吸いダコ、ペンダコなど)。
ウオノメやタコは削り処置や外用薬で治療を行います。靴や歩き方の見直しをし、定期的に削り処置を行うことが多いです。

いぼ(水曜のみ)

いぼには、ウイルス性いぼ、老人性いぼなどが含まれます。
ウイルス性いぼや老人性いぼは液体窒素による冷凍凝固術を1~2週間に1回行います。

粉瘤・ほくろ・できもの(水曜のみ)

粉瘤(ふんりゅう)は角質物質などの老廃物が皮膚の内部に溜まり嚢腫(袋)を形成する良性の皮膚腫瘍です。感染し炎症を起こした「炎症性粉瘤」は、痛みや熱感を伴い、膿を出すために排膿術が必要になる場合もあります。感染を繰り返す場合は、感染が治まった段階で摘出手術を行うこともあります。
ほくろはダーモスコピー(10倍程度の拡大鏡)を用いて詳細に観察する検査を行います。症状や部位によっては保険適応で切除術が可能ですのでご相談ください。
※当院ではレーザー治療によるほくろ除去は行っておりません。

巻き爪(水曜のみ)

詳細はお問合せください

ケロイド・肥厚性瘢痕(水曜のみ)

ケロイド・肥厚性瘢痕は皮膚の深いところにある真皮という部分で炎症が続いてしまうことにより生じる疾患です。
本来、きずを治すために必要な炎症が過剰に続いてしまうため、血管ができて赤く見え、膠原線維(コラーゲン)ができて盛り上がります。
痛みや痒みに加え、見た目を気にされ受診される方も多いです。
原因は明らかでなく体質的な要素が強いですが、誘因は傷です。明らかな傷の覚えのない場合でも、胸のにきびなどの小さな傷が誘因になります。また手術後の傷や、女性では下腹部の帝王切開後の傷からできることもあります。

当院ではステロイドの塗り薬やテープの貼り薬、注射薬で治療を行います。
いずれも保険適応です。
注射は多くても1ヶ月に1回程度で十分な場合が多く、普段はステロイドテープを使うことで効果を維持できます。
当院では極力痛みが少ないように、麻酔薬を混ぜ、できるだけ細い針を使い、柔らかい部位から注射をするなどの工夫をしています。 ケロイド・肥厚性瘢痕でお悩みの方はどうぞお気軽にご相談ください。

腋窩(ワキ)多汗症

日常生活で困るほどの汗が出る場合は多汗症という病気の可能性があります。
特に汗の量が多くなる病気や障害がないワキの多汗症を『原発性腋窩(えきか)多汗症』といいます。

当院では重症の方に保険適応のある塗り薬と、注射薬ボツリヌス療法をご用意しています。

塗り薬は1日1回直接わきに塗り、6週間を目安に効果判定を行います。
注射薬は、診療ガイドラインでは塗り薬で効果がみられない場合の治療と位置づけられています。
ボツリヌス菌がつくる天然のたんぱく質を有効成分とする薬をワキの下に注射します。
1回の注射で効果が4~9か月持続しますので、年に1~2回程度の治療で汗を抑えることができます。
保険適応で3割負担の方は約28000円です。

↓以下、美容皮膚科におきましては、別途初診料2200円(税込) 再診料1100円(税込)を頂いております。
シミ・肝斑(初診は水曜のみ)
当院では、外用薬(ハイドロキノン)と内服薬(シナール、トランサミン)をご用意しております。

グラファ メラノキュア HQ 3300円(税込)
シナール配合錠 30日分 3080円(税込)
トランサミン錠 30日分 3520円(税込)



ケミカルピーリング(水曜のみ)
ニキビや肌の若返り、しみ、くすみ、質感などの皮膚の美容的改善を目的としています。
当院では皮膚の刺激作用が少なく安全性の高いサリチル酸マクロゴールを使用しています。
角質軟化、溶解作用によって皮脂分泌量をコントロールし、真皮コラーゲン産生を促進し柔らかい肌質に整えます。また繰り返すことにより肌の新陳代謝を活発に促進しますので、老化予防やくすみ、毛穴の開きの改善、肌のキメを整えることにつながります。
施行間隔は一か月に一回(重症にきびの方は2~3週間に1回)で、無理なく続けられます。

顔 8580円(税込)
背中 10780円(税込)
※その他の部位も対応しております。金額はお問合せください。

①カウンセリング
ノーメイクでお越しください。
当日の皮膚の状態を診察し、施術可能かどうか判断します。

②薬剤の塗布
顔全体に薬剤を塗り約5分間置きます。

③アフターケア
薬剤をふきとり、水で洗い流します。
角質層をはがすことにより、乾燥しやすく紫外線が皮膚を通過しやすい状態となっていますので、当院ではビタミンCローション、保湿クリーム、日焼け止めをつけてお帰り頂きます。
当日は可能な限りお化粧は避けてください。
自宅でも保湿、紫外線対策は継続してください。

ケアで利用するローション等の販売も行っております。お問合せください。

ピアス(水曜のみ)
2穴 6400円(税込)
初診料、アフターケアセット(飲み薬・塗り薬)を含む料金になります。

AGA外来
当院では内服薬でAGA治療を行っております。
フィナステリド  28日分8100円(税込)
デュタステリド  30日分9900円(税込)
ザガーロ     30日分12200円(税込)
※初診2200円(税込)、再診1100円(税込)も別途必要です。
自由が丘プライマリークリニック 内科・循環器内科・肥満外来・アレルギー科・皮フ科