新型コロナウィルス感染対策において

新型コロナウイルスの対策
当院では、新型コロナウイルス感染予防におきまして、患者様が安心して受診していただけますよう、3密(密閉、密集、密接)を回避し、環境整備、職員の体調管理を徹底し、下記のような対策を行っております。



【1】密回避のための診療体制の変更
予約システムの導入や診療開始時間の工夫、院内フロア、スペースの効率的活用により、待合室の混雑緩和に努めています。

【2】仕切り板使用、アルコール消毒による環境整備
受付や処置室には飛沫拡大防止のため、仕切り板を設置しております。診察室の椅子や扉は定期的に、接触面や医療機器、物品などは随時、アルコール又は次亜塩素酸消毒をしております。また、院内には患者様が使用可能なアルコール消毒薬を設置しています。

【3】換気、空気清浄対策
診察室、待合室は一定時間ごとに十分な換気を行っています。また、熱発者専用診察室には空気清浄器を設置し、院内感染防止を図っています。

【4】熱発者専用診察室使用による院内感染防止
患者様全員へ、受付時に体温測定をさせていただいております。発熱患者様、感冒様症状のある患者様は、熱発者専用の入口からお入り頂きます。
また、診察する医師はフェイスガード及び防護具着用にて診察を行うことで、その他の患者様との接触を回避しております。

【5】職員の体調管理・感染予防策
出勤前の体温測定と健康状態を確認し、サージカルマスクやフェイスシールドの着用、手指衛生に努めております。



コロナウイルス感染症の動向は日々変化しておりますので、感染対策につきましても今後対応を変更していく可能性がございます。ご理解いただけますと幸いでございます。
これからも、適切な感染対策、患者様への安全な医療提供ができるよう、職員一同努めてまいります。


新型コロナウイルスの感染が疑われる方へ
当院では、発熱された方、感冒様症状のある方も診療しておりますが、新型コロナウイルスの感染が疑われる方で、以下に該当する方は先に帰国者・接触者相談センター等にご連絡をお願いいたします。
〇息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
〇重症化しやすい方(注1)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(注1)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
〇上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ず事前にお電話ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)


世田谷区帰国者・接触者電話相談センター 電話番号:03-5432-2910
受付時間:平日8時30分から17時15分まで
目黒区保健所 新型コロナ受診相談窓口
(帰国者・接触者電話相談センター)
電話番号:03-5722-9089
受付時間:平日9時から17時まで
東京都新型コロナ患者相談センター 電話番号:03-5320-4592
受付時間:平日17時から翌9時まで
(土日休日は終日)
世田谷区帰国者・接触者電話相談センター
電話番号:03-5432-2910
受付時間:平日8時30分から17時15分まで
目黒区保健所 新型コロナ受診相談窓口
(帰国者・接触者電話相談センター)
電話番号:03-5722-9089
受付時間:平日9時から17時まで
東京都新型コロナ患者相談センター
電話番号:03-5320-4592
受付時間:平日17時から翌9時まで
(土日休日は終日)